2017年05月19日

英国的プレキャリいじり

英国的プレキャリいじり
元ネタ 2007/2/18

英国的プレキャリ




英軍装備を整理しながらLBT のプレートキャリアを見ていると、ふと興味が湧いた。

「米軍PALSに英軍PLCEのポウチを着けたらどんな感じだろう?」


すぐに試してみることにした。


まずはマグポウチをつけてみる。もちろんストラップの幅は問題ないが、ストラップの配置が少し離れている。だが問題なくつけれそうだ。

PLCE裏側



PLCE (イギリス軍歩兵装備)はストラップをピストルベルトに巻きつけるように固定するので、PALS (MoLLE)に取り付けるにはちょっとやり方を変える。

いったん上下ストラップの下側、ドットの無い方を下からから上へ通してベルクロを留めて、上からくるっと回すように戻してやる。

PLCE取付1



この時内側のT字プレートをPALS の下を通してやるとかっちり固定できる。

PLCE取付2



下に出たドットのある端をPALS に潜らせて、ポウチのドットを止める。

PLCE取付3



ストラップにはドットボタンがあるのでガッチリ留まるが、ストラップはPALS 幅には緩いし、固定は上部だけでポウチ下部はぶら下がった状態なので、このままでは若干バタつくだろう。
バンジーコードで縛ったり、テープやナイロンストラップなどで巻くアイデアもリアルか。
あとはポウチ上部のファステックスやデルタ金具が気になるならタイラップで固めるもよし。


でも、その見慣れない存在感は魅力的だ!


ということで、米軍のM12ホルスターにブローニングを入れて、肩のストラップを見ると2インチ幅が何となくイケそうだったから、ランクスライド(階級章)を通せるか試してみた。
かなり窮屈で作業はやりにくいがピチッと通る。

なお、ポーチはストラップ二本しかないが、PALS の4列を消費する。
プレキャリMなら8列でポウチ2つの4ポケット装備可能。

英国的プレキャリ



何とも非正規な印象に仕上がった!

多所に悪態つきながらの英国戦士(紳士)的な感性では、ありそうと言えばありそうだ。


視界



リアルサイズプレートを加えたボリューム感が凄く、装備した視点だとかなりの巨乳感で、物が置けそうなくらいだ(笑)
巨乳のお姉様方、ごくろうさまです。(なんの話だ?!)


さて、ティータイムだっ!!  


Posted by kamyu [k-25]  at 18:48Comments(0)イギリス軍/装備品英国戦士

2017年05月19日

ナイトカモパーカーモダンカスタム


ナイトカモパーカー★ショートカスタム
初回製作 2013/11

ナイトカモ・カスタム



元々は友人からの「ナイトカモが大振りなのでショート化できないか?」という依頼から始まった。
内容はパーカーは重ね着設計でSmallでも大きいので、XSの友人に合わせて丈のショート化、袖のスリム化と、それと肩にベルクロポケットの新造という内容。

ナイトカモ袖形状



オーダーはある程度ざっくりして自由裁量だったので、テーマを2002年以降のアフガン・イラク戦当時のカスタムテーラーっぽい想定であまりカスタム過ぎないシンプルなモダンスペシャルフォース風にして、細部はこちらで詰めた。

ナイトカモ・カスタム



このカスタムの特徴は、まずはベルクロは黒いミルスペックでポケットは一から新造し、フラップはコンシャツと同じく角を落とした形状で、右肩だけにフラッグ用ベルクロを追加。

ナイトカモ肩ポケット



袖口を2000年以降のBDUと同じく幅広にして、ホームベース型調整用タブつき、袖口はミルスペックのベルクロでは硬くてわずらわしいので民生品マジックテープを使用。

ナイトカモ袖口



フロントはファスナーを追加して着脱をしやすく、身ごろのスルーポケットに内袋をつけてポケットとして利用できるように。
そのポケット内に調整用腰ひもを出してコードロックを追加し、ウェストを絞れるように。

ナイトカモ追加ファスナー



ナイトカモパーカー用ライナーは製作当時レアだったし、ショート化したら使えないので、M65フィールドジャケット用ライナーを着脱できるようにボタン配置を付け替え。これが一番のセールスメリット。


また、ナイトカモは個体差が激しく、同じメーカーのデッド未使用品でも色と模様、それと縫製の雰囲気に差がある。
個人的な感覚では取って付けたように見えるため、質感の異なる生地をミックスしたくない。

そのため生地は使い回ししづらく創作にサイズ制限があるため、切り落とした部位だけですべてを賄うため、節約と小柄な体格にカッコよく見えるよう、ポケットを一回り小さめに造る。
それでもワッペンがギリギリ入る10cm幅ベルクロにあわせた。

また、小さな事とはいえ、ポケットのフラップや、調整タブなどは、小さいパーツだが目に留まるので、柄選びにはこだわって、ただの格子模様だけにならないよう極力配慮している。

ナイトカモ・銘版




なお、スタンダードカスタムに加え、趣味でオプション追加のゴージャス版も作ってみた。

ナイトカモ・カスタム



秋冬の普段着用として、フードにボア生地とファー襟を追加して、寒くて使えないノーマルパーカーを使える防寒具として能力を高めた。


具体的な製作内容に興味のある方は『製作編』へどうぞ。



★著者後記 ボヤキ

これまでに5着ほど拵えたが、手頃価格でのナイトカモの仕入れ先の在庫が切れて、ベースとなるパーカーが高価な価格帯に移行してきたので、楽しく製作意欲があっても採算が合わないかも?と二の足を踏んだ。
しかもヤフオクで展開していたのだけど、売値によってはかなりの手数料をとられてしまい、月額引き落としが採算割れした上に、病欠休養でスマホダウンなど諸事情が重なり手続き不良から会員登録までが頓挫した。

追い風はそう長くは続かない。

受注出品でも採算が合う値段を出してくれるのだろうか?
  


2017年05月09日

MASSIFコンバットシャツの小カスタム

MASSIF製コンバットシャツの丸襟を改良するアイデア

2012/11/17 過去ネタの記事化

MASSIF-ACS



ARMY-ACS




MASSIF製コンバットシャツ

アウトドアファッションでモダナイズされたスポーティーなアーミー・コンバットシャツ。総称してACS。
MASSIF-ACS



全体的に薄くニット素材で体にフィットしコンシャツの中でも通気性があるほうだ。
とても着心地が良いので気に入っている!(当時は上位だった)
肘にはクッションの入った、滑り止めのぶつぶつの付いた強化布地がある。ここが少しヒジに干渉してしまう。

でも首が狭いので着脱が不便。それに着まわしてると首が伸びてしまいそうなんで、ちょいと加工を考えた。



英軍のUBACSや米海兵のFROGのコンバットシャツの襟には前開きファスナーがついている。
あんなふうにしてもいいが、やはりMASSIF-ACSなのだから、その特徴を残したいと思ったので、ファスナーを目立たない位置につけることにした。



●工程としてはこうなる予定●

1:合わせ目のステッチににハサミを入れ、突き当たりはY字に切れ込みを入れる
2:ほつれ部分の合わせ布を整える
3:ふちを1mmほど折り返す
4:ファスナーを必要な長さに合わせて切っておく
5:きっちり位置合わせをして縫いつける
6:ファスナー端に当て布をして縫いつける
7:補強のためファスナー周囲を2重縫いしておく


ちょうど右肩後ろにラグランスリーブ(首もとから袖口までが繋がった形状の袖)と首周りの合わせ目のステッチがあるので、そこにフラットファスナーYKKをつけることにした。

長さは人それぞれでおよそ適当だけど、自分の場合は『サイズS』のシャツでファスナー長は約16cmだ。市販の20cmをそのまま使ってもいいが、自分の好みではバランスと必要な長さから、ちょい短めが良いという感触のため根元側を4cmカットした。
ファスナー長



よく見ると肩のステッチは襟のてっぺんに向かって若干カーブしているので、実際には直線のファスナーをつけると引きつりがあると想像できたが、それはニット地の誤差でカバーしようと考えた。製品の個体差によってはもっとカーブしているかもしれないので、各自で確認されたし。


具体的な方法はステッチの中心にザックリはさみを入れる。こんな時はちゃんと洋裁用はさみを入れないとニット素材で厚みもあるので事務用ハサミなどでは、切り口が綺麗に切れない等、ちょっと障りがあるかもしれません。
ハサミを入れる



で、まっすぐ切ったら、ファスナー下端になるところをY字に切れ込みを入れる。

ちょうど真ん中を切れば、切った元の合わせ目に重ね布になっていた端が入っている。これを抜き出すと3枚あわせが2枚に減るので厚みを減らせる。


次にふちを1mmほどステッチをまるまる折り返すと、おそらくファスナーの合わせ目の歯が見えるギリギリの幅になると思う。
マチバリで固定してファスナーが通るか試して位置を確認すると思ったとおりぴったりだった!

ファスナーはあらかじめ開く方の端を首の端のサイズに合わせて折り返しておく。(矢印)
ファスナーにはハズレ止めのために上下両端にストッパーが備えられているが、今回は閉めた時にスライダーが抜けないように、開く側の端止めを活かして、根元は布地に縫い止めて端末処理するので、根元側を切り落として使用した。

仮縫い



たぶんニット生地をそのままミシンで綺麗に縫うのは大変だから、当たり前だけど仮縫いをした。
ツーことで仮止めのファスナーを閉めて作動確認をしてみたらぴったり収まる!

出来上がりが楽しみでわくわくしてきた。


下の端は突き当たりの三角になった部分を内側に折り込むと直角になり綺麗に見える。
この折り角にはこだわった!
ファスナー端




とりあえずミシンで最初の針を入れる。とても緊張するが、大胆さが重要!

ファスナーの厚みがあるので思った位置に針を落とすのが難しい。かなり慎重にゆっくり進む。

上の端処理は折り込んだ生地とファスナーを噛み込ませたりとかちょこちょこやったけど、あまり効果がないと思うので説明はハショリます。たぶん丈夫になるけど首に触れるとこなので当て布をした方がやわらかくていいかも。追加の当て布はしなかった。


ミシンの押さえはファスナー用を使う。

糸はニット用で、細かめの縫い目で直線縫い。ぐるり往復したら、ファスナー外側も縫っておく。
MASSIFファスナー



仕上がってきてみると首もとがピシッとしているのに着脱が楽になった。

感触は悪くないが襟の端の内側には当て布をしなかったので固さを感じるが、まったくダメでもない。




  


Posted by kamyu [k-25]  at 00:24Comments(0)サバゲ/小ネタ被服/カスタム

2017年05月08日

サバゲアイデアBBボトル改

サバゲで重宝するBBボトルのキャップ紛失防止カスタム

BBボトル携行


最近は飲み物のペットボトルをBB弾入れにしている人も多いかもしれない。
でも旧来のオールドスクールなボトルだけれど、やはり重宝するので昔ながらの知恵を。

BBボトルカスタム


このボトルは軽量でノズルがついているので一粒づつ出せたりと便利だが、蓋を無くしやすい。
最初に手に入れたときからパラコードで紛失防止加工をした。
紐付きになると小キャップを気にせずに済むので作業も早いし、蓋を閉めていると手を空けるためぶら下げることもできる。

BBボトルカスタム




まずはパラコードを通すため、蓋と小キャップに3mm~3.5mmほどの穴を開ける。
使うパラコードの直径に合わせてピッチリのサイズを使用。パラコードはメーカーごとに太さに違いがあるので現物で確認。ある程度の面取りも忘れずに。
うちの場合は太めのデュポン製にあわせて3.0mmドリル歯で3.2mmの穴が開いている。
BBボトルカスタム


適度な位置は画像の通り。小キャップは中心をずれないように注意。
内側の出っ張りを干渉する位置になると蓋が閉めにくくなる。


パラコードはほつれ止めのためにライターで炙って溶かし、やけどに注意しながら手で丸めてコンパクトにする。
(パラコードを使う際は引っ掛かりを無くすため、いつもこれをしている)
パラコード処理



パラコードを通して蓋の内側でかた結びをする。
画像の蓋の内側が白いのは防音クッションとして緩衝材を貼っている。
紐通し




小キャップに通した方の端は結んだら使えないので、ライターで炙ったあとに平らなところに押し付けて平頭にしておく。これが突っかえになります。
パラコード処理



この平頭がスッポ抜けないように穴あけはぴったりの必要がある。また緩いと紐が擦れてほつれたり切れる。うちの場合は3.0mmドリル歯で3.2mmの穴が開いている。
不安ならボンドやグルーガンで固定するもよし。

紐の長さは好みで良いが短めの方が扱いやすい。ちなみにこれは15cmほど。
BBボトルカスタム


ボトルに関してはもうひとつ、マグポウチなどでゲームまで携行する場合、弾がジャラジャラうるさい。
個人的にはいつもステルス戦略なので、装備品すべてに対して消音を試みるクセがあるので、ボトル内部にはもちろん防音加工を。両面テープで貼りつけただけ。
(多弾数マガジンなどは使わないが、ひとつだけサンプルとして持っているものはゴムシートで内張りしてある)

これだけでもかなり静かなのでシェイクでもしないと音がしなくなる。ただしノズルには貼ってないのでパチパチ鳴る。


ポーチから取り出す時も紐を掛けて引き出せる。
BBボトル携行




一番最初に手に入れた20年前のボトルは小キャップがひび割れたが、紐が抜けることはなく現役である。

どれも簡単ながら使い勝手が心地よくなるので、おすすめです。


なお、のちの草案で片手で扱えるレバー式の蓋を考えたけれどそこまで手間をかけようとは思わなかった。  


Posted by kamyu [k-25]  at 00:04Comments(0)装備品/小ネタサバゲ/小ネタ

2017年05月06日

米軍ID製作 CIA version

レプリカID CIAバージョン

Tourist



2004年から2009年頃まで採用されていた米軍 全軍および政府機関に支給された身分証明用の汎用アクセスカード(DD2/CAC)のダミーレプリカです。

DD2 / Common Access Card (汎用アクセスカード)
詳細はメインページからどうぞ。

『米軍レプリカID』
http://kamyu408.militaryblog.jp/e850170.html

資料ID CIA


価格 ¥2,800- 税込 送料別 受注生産
個人での限定製作のため店頭販売はありません



CIA のものは未だに実物CACの流出画像を確認していないため、おそらく使われたであろうという想定でデザインしたものです。

そのため内容については一部演出を加え、見映えして華やかになるようにしています。

カードの記載内容はDD-formに準拠していますので、基本項目は米軍と同じです。
項目詳細は上記リンクの米軍IDのページを参照ください。

ゼロダーク資料
映画では『ハートロッカー』や『ゼロダークサーティ』でも小道具として登場しました。




このCIAバージョン限定のオプションとして下記のものがあります。


●役職・職種●

職員の担当する役職を隠語で表してエンブレムの下に併記します。
こちらで想定した種類は以下の通り。

Operator オペレーター(戦闘員)
Observer オブザーバー(技術顧問、軍事顧問)
Analyst アナリスト(分析官)
Typist タイピスト(デスクワーカー)
Tourist ツーリスト(外交職員=諜報員・スパイ)
Connector コネクター/コーディネーター(現地調整官=潜入工作員・スパイ)
Player プレイヤー(ハンター=暗殺者)
Other その他(部外協力者=Asset アセット、PMCなど)
Contractor コントラクター(契約・請け負い=協力者、PMCなど)


これらは非公式の名称でスパイ小説などの、いわゆる俗説表現で全体的にワードセンスは英国の雰囲気がします。
エージェントは全職員を指す言葉なので省いています。
※上記以外の役職名をご希望の場合は英字スペルを添えてご指定ください。

役職は特に想定のなかでも遊べると思い、色々ご用意しました。
すべて想定になりますのでご自由にお選びください。
特に必要ないという場合もお選びいただけますが、エンブレム下のスペースは空白となります。


●エージェントナンバー●

職員固有の割り振り番号、いわゆる『007』みたいなものですが、レイアウト的に3桁~7桁ほどがキレイに見えます。
それより多い桁数やNSNみたいなものは裏面のシリアルナンバースペースへどうぞ。

ID裏面詳細



●裏面オプション●

裏面にはCIA ロゴエンブレムとシリアルナンバー(発行番号)のスペースを設けています。


●裏面シグネチャーバージョン●

追加料金として200円プラスで直筆サインを記入したデジタルシグネチャーを作成して、サイン記入欄のあるバージョンに変更することもできます。

表記内容はロゴ、シリアルナンバー、自筆サイン

こちらは紙に書いていただいた直筆サインをカメラで撮ってメール添付するか、直接郵送していただき、こちらで取り込んで作成いたします。

サインが入ることでより特別になりご自身のものだという満足感を味わって頂けます。


★シグネチャー版のデザインは二種類。

標準(クラシック)とサイン入り(モダン)。

標準で設定した古風なクラシックは、紙製の身分証で多く見られる自筆記入式のカードをイメージ。
80年代以前のアナログなバッジカードのように発行ナンバーのイメージでデザインしています。


近代的なデザインのモダンはサイン欄を仕切った範囲内に配置するデジタル署名風。

サイン社会のアメリカでは政府発行のID には、昔から自筆のサインを記入する欄があり、近年の身分証はIcカードになりタッチパネルにサインを書いて、そのデジタル署名を印刷するシステムになっています。


ぜひ、あなただけのIDを携え、リエナクトやゲームでのツーリズム(諜報活動)に勤しんでください。
シャレのわかる方のために。


『米軍レプリカID』
http://kamyu408.militaryblog.jp/e850170.html  


Posted by kamyu [k-25]  at 17:51Comments(2)IDレプリカ

2017年05月05日

米軍ID製作受け付け

米軍および政府機関の身分証明用の汎用アクセスカード(DD2/CAC)レプリカ

米軍身分証 DD/CAC 参考画像
いわゆるIDカードでフルネーム、所属と階級、登録番号が記載されている。
(★参考画像は名前や雇用形態が白く消されている)




●商品の概要●

2004年から2009年頃まで採用されていた米軍 全軍および政府機関に支給された身分証明用の汎用アクセスカード(DD2/CAC)のダミーレプリカです。

資料ID実物
一般兵士から予備役、州兵、特殊部隊兵士も常時携帯しました。
イラク・アフガン戦争で捕虜になった兵士の身分提示映像や、『ローンサバイバー』で描かれたレッド・ウィング作戦で亡くなったSEAL隊員の身分証がアルジャジーラTV等で報道される等でも有名になりました。




映画では『ハートロッカー』や『ゼロダークサーティ』でも小道具として登場しました。
ゼロダーク資料
イラク、アフガン戦の再現にはバッチリですが、現在、米軍で使用されているのは後継改良版なので厳密な最新現用装備には後継バージョンの必要があります。
※後継バージョンは現行仕様のため、防犯上の理由から受注に関しては検討中です。ご了承ください。

IDカード製作受け付け


価格 ¥2,800- 税込 送料別 受注生産
個人での限定製作のため同じものの店頭販売はありません



●対応種別●

アメリカ陸軍、海軍、海兵隊、CIA 、PMCエンブレムの創作デザイン、空軍は現在制作中につき受け付け未定

裏面デザインは任意に選択できます。
一覧は一例ですので、これ以外のエンブレムをご希望される場合はお問い合わせください。

CIAバージョンの説明は別記事へ

『レプリカID CIA version』
http://kamyu408.militaryblog.jp/e850313.html



●商品の仕様●

米軍と同じ書体を使い、外見レイアウトは実物とほぼ同じですが、セキュリティの関係で裏面はオリジナルデザインとしています。
新型の実物と見比べてみたところ、実物はもう少し薄く圧着製作されたような質感で、カードサイズや字体は同じ、IC パッドは実物の方がチープでした。

表側バーコードはご依頼内容のQRコードを配置しますので、電話帳登録、アドレス交換やブログなどのURLのブックマークにご活用ください。

ICアクセスパッドはダミー再現のため、カードリーダー機能はありません。

資料ID詳細


裏面は各軍のエンブレムをデザインして用意しておりますが、お好みの帰属する部隊章やエンブレムに変更することができます。
陸軍のインファントリー(第1~第4、山岳、第1騎兵)はある程度ご用意しております。
裏面デザイン バリエーション


当方で用意していないものはリクエストしていただければ、要望が多いものは製作する場合もあります。ご希望があればお気軽にご相談ください。
(1から作画しますので納期が延びます)


素材はID用プラスチックカードを使用した独自構造のため、印刷面が表に出ておらず、すり減り防止にもなり、紙製のチープなものとは質感が違います。
すでにリピーターであるお得意様の年季の入ったID(財布に2年携帯)を確認しましたが端は傷んでいるものの印字の不備は起こっていません。

市販のアメリカ製 IDホルダーにもぴったり収まります。

本職は財布以外にもアームバンドやアドミンポーチに入れて装備しています。


ハートロックなどの現用リエナクトゲームでの身分照会ゴッコや、装備品小物のブラッシュアップにどうぞ。

★現在、米空軍と英軍は製作中で受注をお受けしていませんが、ご要望があればお問い合わせください。


●オーダー項目●

記入項目


名字 名前 ミドルネーム(本来は洗礼名、あだ名やコードネーム)
所属している軍属・(陸軍、海軍、空軍、海兵隊、CIA、PMC)
階級
身分証の発行年月日(実際の発行期間は2004~2009年)
着任期間、つまり有効期限(2~4、5年間)

QRコードに入れる内容を2つ(電話帳登録、メルアド、URLのいずれか )


●法的問題●

現在このモデルの身分証は使用されておらず、再現に制限も設けているため、日本国内における携帯所持には問題はありませんが、在日米軍基地、大使館・領事館等の米国以外も含む各国在日公館、および海外渡航時の所持、携帯、身分照会、提示は米国連邦法に抵触し、罰則を受ける可能性があります。

また、日本国内でも実際の身分証明書として偽って提示、提出することは日本の刑法に違反します。

海外渡航や米軍基地祭の入場の際には携帯されぬようご注意ください。

米軍ファンのために日本国内において趣味として楽しむために製作しております。
良識の範囲で楽しんでいただけますようお願いいたします。



●制作の流れ●

連絡先フォームにお問い合わせいただきますと、連絡先メールアドレスを併記しますので、顔写真の画像と設定項目を記載したメール、または書面郵送での受付をいたします。

発注同意のもと、ご入金を確認後に製作段階に入ります。

印刷原盤の段階で仕上がり確認画像をメールにて送付、誤りが無いことをご確認いただいてから印刷と製作に入ります。
印刷段階にはいると資材消費が発生するため内容の変更はできません。また製作段階に移行してからは発注を中止されてもご返金はできませんので、ご了承ください。



●納期●

身分証のレプリカという性質上、フルオーダーの受注生産となりますので、設定される身分や情報の設定をうかがってから制作に入ります。
手作業でひとつづつ丁寧に仕上げて参りますので、納品には最大1~2週間のお時間をいただきます。
納入締め切りがある方は余裕をもってお願いします。



●発送に関して●

身分証明のレプリカとはいえ個人情報を含む商品ですので基本的には送達記録つき郵便(簡易書留 392円、特定記録郵便 242円)、またはレターパックなどの追跡貨物での発送を予定しています。

記録つき郵便は郵便受け配達と、手渡しで受領印を受ける書留郵便があります。

もよりの局留めにも対応します。


●ポリシー●

基本的には自身が好きな世界なので、同門であるミリヲタや米軍ファンのために貢献できることを望んでいます。
誰もが笑顔で良識の範囲で楽しんでもらいたいので、ルールは厳守をお願いいたします。


ご不明な点についてはお気軽にご質問ください。  


Posted by kamyu [k-25]  at 22:31Comments(4)IDレプリカ

2017年05月05日

米軍ID製作についてのこぼれ話



雑談 米軍レプリカID

米軍身分証 DD/CAC 参考画像



米軍では2004年からプラスティックカードの新型身分証(DD2/CAC)が発行されました。
ICパッドを備えていてコンピューターのアクセスカードや入館証の代わりになる汎用カードだそうで。
DD/CAC 参考画像




ある時のハートロックのCOMBAT記事で、検問があり身分照会ごっこをしていたら身分証を持っていなくて『ネタとして仕込んでおけばよかった』と書いておられたのが印象に残った。


自分がこのDD2身分証を知ったのは2010年夏頃に兵士が手にもった画像を見たのが最初です。この記事のトップの画像。
これを見てすぐにトレースをはじめて、陸軍のエンブレムを作成し始めました。

最初の暫定レイアウトは有り物パーツを合成してバランスを見るもので、次の物はお絵描きのような画像に見えますが、ちゃんと手間ヒマかけて作成したパーツと置き換えていく仮配置のものでした。

カードとしての質感を追求するため複数の素材を当たり、ラミネートではなく独自のアイデアで実現しました。

出来上がったものは質感がキレイで丈夫、手作りで仕上げるため、埃に細心の注意を払い、圧着作業では腱鞘炎になってしまう大変な代物でした。

それから夢中になって1ヶ月ほどで海軍、海兵隊とバリエーションを作成。
空軍のエンブレムは当時入手できた画像では納得のいく資料とはならず断念。

代わりにCIAとPMCであるブラックウォーターを作成。これは想像で完全に創作でした。
おそらくブラックウォーターはDD2は使ってないでしょう。

でも、CIA は後に劇場で映画『ゼロダークサーティ』の小道具で見て興奮した覚えがあります。
ゼロダーク資料



細々と地元大阪のイベントや、ヤフオクなどで少しづつながら注文してくれていますが、もともと趣味でやっていた同人アイテムなので、現物を見た人はすぐに欲しがるのですが、見ていない人にはあまり見向きもされていません。

IDカード製作受け付け



有りがたいことに作らせていただいた方々からは喜ばれてお返事をいただくこともありました。


ハートロックには初回辺りから噂や記事を目にしてとても焦燥感があった。
遠出するための足がなく、近畿でも相乗り前提での参加であるため、関東はなかなかハードルが高かった。

なんとか参加しようと二年半ほど前から本格的に計画してきたけれど、急病と事情により2年も棒にふった。
今回こそはと思っていたら最終回だという話が流れてきた。

大急ぎで参加を計画したけれど、立て込んでいたし、交通手段の算段で微妙な問題がいくつかあった。
いざ手続きの段階で煩雑すぎてエントリーすら間に合いそうもなかった。


参加できたら1日目でレプリカIDの出店を開いて、多くの米軍ファンに見てもらいたかったし、2日目のゲームではCIAとしてウロウロして検問ゴッコがしたかった。
なんなら今制作中の英軍MOD90身分証も間に合わせたかった。

英軍 MOD90資料


英軍 MOD90 陸軍身分証


とりあえずハートロックに参加される西側のかた、もうギリなのだけれど、受け付けたいと思いますので、わずかながらイベントに貢献させてもらいたいと思います。

興味をお持ちのかたは『レプリカID製作受け付け』の記事まで  


Posted by kamyu [k-25]  at 22:25Comments(0)IDレプリカ

2017年05月05日

暑い夏の冷却アイデア


夏向けボディアーマー冷却インナー
2014年8月に作成

冷却ボディアーマー




かねてからフル装備をしたいものの暑いので手はないか色々と考えていた。
そのうち望みのありそうなものを試した。

市販のレプリカソフトアーマーはナイロンで包んだウレタンなのでまさに保温材そのもので蒸し暑く不快だった。
それでまずは通気がよいメッシュ地でソフトアーマーを作成した。

それに加えてハードプレートがわりに保冷剤で作ってはどうかと、いくつかの試作をした。
(初めはソフトアーマーそのものを冷感素材で作る案もあった)


●その1 通気ソフトアーマー

自動車のシートやソファー用の厚手のダブルメッシュ地の座布団があったので、ソフトアーマーのシルエットに切り抜いて、端のバイアスだけ仕立て直した。
家庭用ミシンで縫おうとしたら糸が絡まるので断念。手縫いでチマチマやる。


厚みに張りがあるが、体格に柔軟に追従するので着心地もよく、熱がこもらず若干蒸れにくくなった。まずまずだ。
アグレッサーPECA


これを使用するのは裏地メッシュのボディアーマーがいいので、アグレッサー製PECAアーマーのラベルを剥がして使用した。
ラベルが紙っぽいし、ビニールっぽい表面が暑いので、外して大事にしまっておく事にした。


●その2 保冷剤ポーチ

100円ショップで色々なものを見ていたら、片面がポリメッシュで、もう片方がビニールナイロンのポーチがあった。
ポーチ加工


早速、縫製糸を抜いて分解し、不要なポケットを取り払い、ポーチ全体を開きにする。

背面となるナイロン地に市販の幅広マジックテープを縫い付けてポーチを再縫製。
真ん中に縫い目を入れてポケットを分割。

中のサイズに会わせてアルミ保冷シートを切っていれる。(これは気休め程度だが無いよりマシかな?)
保冷剤ポーチ完成


ポケットに合うサイズの保冷剤を入れて、ボディアーマーの内ポケットにあるパイルに貼り付ける。
保冷剤の面が内側を向き、メッシュソフトアーマーが体との密着を防ぐ。
保冷剤ポーチ使用感


試した結果、一日遊ぶには半日で溶けてしまうが、ほどほどの効果があった。
コンバットシャツの下に綿シャツを着てアーマーとチェストという装備。ひんやりして心地よい。着ていると結露でうっすら湿り、汗をかいたようになるが、大汗ほどではない。

自分はUSサイズのS-L体型のやせ形で皮下脂肪が少ないため、取り換えなしでも一日十分に遊べた。体型による個人差はあると思う。

本当ならSAPI形状の保冷剤プレートがあれば良いのだけど、そんなサイズの保冷剤が入って凍らせる冷凍庫はそうそう無いので、実用できる人は大型冷凍庫とクーラーバッグが必要だなw


このポーチを買ったのは数年前なので最近は店頭で見ない。
同じものを探すのは大変かもしれません。

参考までに。  


Posted by kamyu [k-25]  at 21:07Comments(0)装備品/小ネタ

2017年05月05日

英軍 官給品ブーツ

イギリス陸軍 官給品のゴアテックスブーツ!
過去記事 2015/10/15 に加筆

ミリフォト UKSF SAS




ついに手に入れた。

イギリス陸軍 官給品のゴアテックスブーツ!




いわゆるDMSの2000年代以降の新型で軽量、状態がよく、ちょっと引っ掻きがあるがキレイだ。
英軍レザー独特の芳香がたまらない。←臭い足が好きなのではないw
(灬´ ω `灬)


UKブーツ概要




全体が柔らかめのレザーで、ソール表記にはサイズ8とMのみ。
(英国表記のサイズ8は、米国表記のサイズ9に相当する)

靴紐は化繊の平帯。スケート靴のようなスピードレースだが滑りは悪い。
アキレス腱の位置に切り欠きがある。

スペックのスタンプはベロの内側に白文字で。
サイズ、製造元記号、NSNまたはコントラクトNo等々、不勉強でざっくりしかわからない。フチに小さく薄いスタンプがある。



ふくらはぎの辺りにゴアテックスタグ。
入手時に別体のインソールは入っていなかったが、内張り全部がディンプル入りゴアテックス仕様のグレー。

重さは右 856g、左 824g



何年越しだろう。
始めに夢見たのは98年だから17年、この靴はイラクアフガン戦から探して13年か。


足入れ抜群!自分の足にぴったりだ。

試着無しでピッタリの物を手に入れる時は運命的な導きを感じる。

うちに来るべくして引き寄せたと思う。
( #´ ー ` )

これで上から下まで英軍装備が揃った。
  


Posted by kamyu [k-25]  at 13:29Comments(0)イギリス軍/装備品

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kamyu [k-25]
kamyu [k-25]
Kamyu [K-25]

初期ガスブロ世代。
ミリヲタに足を踏み込んで、はや四半世紀。

海兵➡GB➡オメガと流れ、英軍専攻は20年。
人とは少し感性がズレているが、理想が高くシンプル好み。

好きな漫画は『銃夢』『砂ぼうず』『富江』

移動の足が無く相乗り参加のため、サバゲは野良ゲーメインでお休みがち。

スマホダウンの影響で仮環境のため返信は遅めかもしれません。
意見交換は大歓迎。